個人信用情報ってなに?

キャッシング審査に関わる個人信用情報とは

キャッシングを利用しようと思った際に、個人信用情報という言葉を聞いたことがある方もいるはずです。 ですが、具体的に何の事を言っているのか分からず、自分には関係がないと思っている方もいるのではないでしょうか。

個人信用情報とは何かというと、キャッシングをしたり、カードローンの契約をした際に記録される情報のことです。 例えば、氏名や住所、生年月日などの個人情報だけでなく、契約の種類や貸し付け金額などの契約に関する情報も登録されます。

それだけでなく、具体的にいつどれくらい返済を行ったのか、延滞はしていないのか、債務整理の履歴はないかなどお金に関するやりとりがかなり細かくまとめられている情報が個人信用情報です。

こういった情報は、信用情報機関というところにまとめられており、日本ではCIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターという3つの機関が業務を行っています。

キャッシングの審査と個人信用情報の関係についてですが、キャッシング業者は信用情報機関の情報を閲覧し、キャッシング審査の申し込みをしてきた人が過去に他社とどのようなお金のやりとりをしてきたのかをチェックするのです。

そのため、もしも個人信用情報機関に延滞などの情報が記載されていると、その人にお金を貸すのは危険と判断されてしまいますよね。 これが、ブラックリストに載るということになります。

延滞や債務整理などがあると事故情報として登録されるのですが、この情報は数年間にわたり保管されるため、その情報が消えない限り新規に借り入れをしたりするのは難しくなってしまうわけです。

それだけでなく、すでに使っているクレジットカードやキャッシングの枠が減ってしまうこともあるため、個人信用情報には傷をつけないように注意しなければなりません。

事故情報が抹消されるまでには最低でも5年以上の期間がかかってしまうため、返済計画をしっかり立て、滞りなく返済していくようにしましょう。