自動契約機で申し込むときの注意点は?

自動契約機でキャッシングを申し込む時に知っておきたいこと

キャッシングを申し込む方法はいくつかあります。店員さんがいる店舗に行って申し込む場合やいわゆる自動契約機が置かれている無人の店舗に行って申し込む場合、また、電話や郵送、さらにはインターネットでも可能です。このうち、自動契約機で申し込む場合、どのようなことに注意しておくと良いでしょうか。

まず、覚えておきたい点として、自動契約機でキャッシングを申し込む場合にも、店員さんがいる店舗で申し込んだ時に行われるのと同じ審査がある、ということです。

たとえば、本人確認は運転免許証や健康保険証、あるいはパスポートといった本人確認書類を自動契約機の画面に乗せるとスキャンされて行われるようになっています。ですから、これら本人確認書類のうち少なくとも一点を必ず持っていくようにしましょう。

では、在籍確認はどうでしょうか。これは、申し込み者が自分の氏名、住所などと共に、勤務先の名称や電話番号を入力すると、オペレーターの方がその電話番号に電話することによって行われます。つまり、自動契約機でキャッシングを申し込む人が入力している情報は、リアルタイムでオペレーターに分かるようになっているのです。

実際、自動契約機の画面全体はカメラ機能を備えていて、申し込み者の契約機の前での表情や仕草は全て、オペレーターに見られているのです。そして、必要に応じて、オペレーターの方の声が契約機に備わっているスピーカーを通して聞こえてくることがあります。

ですから、自動契約機が置かれている店舗は無人ですが、その中の様子はモニター越しに観察されている、ということを覚えておきましょう。このことをしっかりと意識していれば、契約機の前で不審な行動や変な表情をしないように守られることでしょう。また、契約機から突然、オペレーターの方の声が聞こえてきても驚いたり慌てたりすることも避けられることでしょう。

このように、自動契約機でキャッシングを申し込む場合にも他の場合と同じように審査が行われるということ、そして、自動契約機の前の様子はオペレーターの方に見られているということを覚えておけば、スムーズに申し込みを済ませることが出来るでしょう。

専業主婦についてはキャッシングを利用することができません。 これは、貸金業によって総量規制というものが定められているためです。 この規制によって自身に収入のない方はキャッシングを利用することができないのです。

ただ、銀行のカードローンは総量規制の対象外となるため、旦那さんに収入があれば専業主婦でも利用することができます。 キャッシング以外にもこういった方法があるので検討してみてはどうでしょうか。