安全にキャッシングを利用する方法は?

消費者金融:キャッシングの利用について

キャッシングを利用するためには事前にキャッシング業者が行っている審査を受け、それに通過する必要があります。 どの業者を選択するかによって申し込み条件は異なりますが、一般的には20歳以上で安定した収入のある方というのが条件となっています。

ですが、この条件に該当する方であれば必ずしも審査に通るというわけではないのです。 業者が定めている申し込み資格をクリアしていたとしても、審査に落ちてしまうこともあるため、実際のところは申し込みをしてみないとわからないといえるでしょう。

未成年のキャッシングについてですが、多くの業者は20歳以上を対象としているため、借り入れ資格に「20歳以上で安定した定期収入のある人」と書かれていた場合、未成年者は借りることができません。

なかには18歳以上でも申し込み可能なところもありますが、そういったところを利用する際には親の同意が必要となるでしょう。 または結婚しているなどの理由から法律上で成人とみなされている方も申し込みできる場合があります。

このような特殊な条件はありますが、基本的には未成年は消費者金融を利用することができないと思っておいたほうが良いでしょう。

次に、年金受給者についてですが確かに年金は安定した定期収入に分類されるでしょう。 ですが、年金を収入として申請し、審査に通るかどうかというのは業者によって扱いが異なります。

仮に年金を収入として申請して審査に通ることができたとしても、年金は大切な生活費ですよね。 結果的に借金地獄に陥ってしまう可能性もあるため、おすすめできません。 この場合は自治体の公的支援などを利用することも検討してみてはどうでしょうか。

専業主婦についてはキャッシングを利用することができません。 これは、貸金業によって総量規制というものが定められているためです。 この規制によって自身に収入のない方はキャッシングを利用することができないのです。

ただ、銀行のカードローンは総量規制の対象外となるため、旦那さんに収入があれば専業主婦でも利用することができます。 キャッシング以外にもこういった方法があるので検討してみてはどうでしょうか。
きらやか銀行

キャッシングする前に知っておきたい信用情報機関のこと

キャッシングを利用すると信用情報というものが残ります。 ですが、これが何のことを言っているのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

信用情報とは、キャッシングに関する契約内容や返済情報、滞納の情報などがすべて記録されています。つまり、信用情報をチェックすればその人がどこからいくら借りていてどれくらい返済を行っているのか、また滞りなく返済をしているのかなどがわかるわけです。

これらの記録は一生残るというわけではなく、一定の期間が経過すると削除されます。 掲載された情報の種類によって掲載期間が異なりますが、自己破産などの情報は非常に長期間残るため、注意しましょう。

そもそも信用情報とは何かというと、シー・アイ・シー(CIC)や日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センターといった信用情報機関によって管理されている情報です。 金融業者はこれらの情報機関に加盟し、申し込み時の審査を行う際に情報を引き出しています。

金融業者は信用情報として信用情報機関に登録されているお金のやりとりに関する情報をチェックし、その人に融資を行った場合に確実に返済ができるかどうかを判断するわけです。 もし、信用情報に延滞の情報がたくさん掲載されていた場合、その人にお金を貸すのは危険だと判断することができますよね。

つまり、どこかの貸金業者で延滞をしてしまった場合、新たにキャッシングを申し込む際に不利なってしまうことがあるというわけです。

また、お金を借りていなかったとしても信用情報機関には情報が残ります。 例えば、ローンやクレジットカードに申し込んだ場合、それだけで申し込んだという情報が最長6ヶ月間残るということを頭に入れておきましょう。

延滞についてですが、1日延滞しただけでは信用情報機関に掲載されないことが多く、ほとんどの場合は3ヶ月以上返済が滞ってしまった場合に掲載されます。

このように情報をまとめた機関があるため、キャッシングの申請時に嘘をついたとしてもすぐにばれてしまいます。 嘘をついてしまうと信用を失う形なってしまうので気をつけましょう。

キャッシング理由は生活費?

キャッシングをした事がない人の多くは、消費者金融って恐い、そんなイメージを持っているのではないでしょうか。借金で火の車、取立ての恐怖、このような印象が強くて、利用することを躊躇している人も少なくないかもしれません。

実際にキャッシングをしてみたところ、お金に困っていた時に助かった、という結論になり、キャッシングは恐いものではなく、むしろ便利なものだ、と思う人は多いといいます。 そこでキャッシング利用者にまつわるデータを、少しだけ案内させて下さい。

まずは日本でキャッシングをしたことのある人口のお話です。キャッシングを利用した事のある人口は、大体1500万人だと聞きます。

利用者の年齢層が20~40代、日本人の人口が1億2000万人ですので、年齢層以外の人口を外すと、この年代の人の多くがキャッシングを利用していることになるのですね。周囲に友人が10人いたとしたら、1、2人はキャッシングをしたことのある人かもしれません。キャッシングは想像以上に私たちの身近にあるものなのです。

さて、では借入れ理由は…というと、生活費としてキャッシングする人がほとんどという結果がわかっています。とはいえこの生活費というのは、純粋に生活費が不足しているからかどうかは微妙なところです。

消費者金融の審査に通るだけのお給料を毎月貰い、ギリギリの生活をしていれば、大体毎月の生活費は賄えるし、キャッシングする理由は見つかりません。では本当の理由はどんな事が考えられるのでしょうか。

もうここ何年も消費者金融ユーザーが増え続けている理由の多くは、クレジットカード利用者が元だ、という説もあります。クレジットカードを持っていなければ、月々の生活費の計算は難しいものではありません。

例えばお給料を21万円ほど貰っている人が、家賃が7万の住居に住んでいたとして、水道料金やガス電気料金、通信費、その他を引いたとしても、残った金額内で生活費を賄えないものでしょうか。でもそれをできなくしているのがクレジットカードです。

カードでいくら購入したのかコントロールできなくなる、つい欲しいものを購入してしまう、リボ払いのクレジットカードで月々1万円しか支払わない状態のまま行くと、知らない間に借入金が増えていってしまっている、…といった例は大変多いと聞きます。

返済のために生活費が足りなくなりキャッシングする、このようにキャッシングをリピートする人は少なくないのです。

中には純粋に低賃金の所為でキャッシングせざるを得ない人もいるでしょう。ワーキングプアは社会の抱える大きな問題です。ですが自分でコントロールできるクレジットカードの過度な利用などは改善する事が出来ます。自分自身をコントロールする事で、気付けば多重債務に陥っていた…なんていうこともなくなり、健康的なお金の使い方ができるはずです。

キャッシングの利用履歴は就活に影響する?

キャッシングというと様々なデメリットを考えてしまう方が多いかと思いますが、就職活動には何か影響があるのかという問題も気になりますよね。現在就職活動しているものの、お金が足りなくなってしまってキャッシングの利用を検討しているという方はチェックしてみてくださいね。

キャッシングをするというのは、悪い事ではありません。学生がキャッシング機能のついたクレジットカードを持っていることも珍しくないため、それほど深く考える必要はないでしょう。

もちろん、就職活動に影響することもないのです。 多くの方が心配しているのは、就職したい企業側に借金をしていることがバレてしまうと印象が悪くなってしまうということではないでしょうか。

確かに借り入れに関する情報は情報機関というところに掲載されている信用情報をチェックすることでわかります。ですが、通常の企業はこういった情報を勝手に見ることができないため、信用情報から借金がばれてしまうことはありません。

これはキャッシングだけでなく、ローンの場合も同じです。ただ、就職希望先が金融機関であった場合などは信用情報機関をチェックすることができるため、調べられた場合はキャッシングに関する情報は知られてしまうと思わなければなりません。

注意しなければならないのは、返済に滞納があった場合です。 企業が信用情報を閲覧した際に、滞納が並んでいるようだとお金に関してだらしない人だと判断されてしまいますよね。これは個人の評価を下げることにも繋がってしまうでしょう。

また、企業によっては入社や応募の必要書類として開示請求した信用情報の提出を求めているところもあるようです。先に紹介したように信用情報は他人が勝手に見ることはできませんが、本人であれば請求をし、資料を手にすることができます。

その資料の提示を求めてくる企業もあるため、そういった場合には借り入れの内容が知られてしまうでしょう。ただ、先に説明したようにキャッシングを使っていたとしても常識の範囲内で適度に使っていれば就職活動で不利になることはないでしょう。